3月16日から平日の団地内江若バスが大幅減便になります

3月16日(土)より日吉台団地内の江若バスが運転手不足などにより、特に平日は大幅な減便となります。

2月22日に公表された3月16日以降の比叡山坂本駅~日吉台、比叡山坂本駅~日吉大社前~西教寺時刻表によると、いずれも平日の
・朝の9時台までのJR比叡山坂本駅着は6:42、7:09、7:37、8:07、8:29、9:13、9:32
・日中は概ね1時間あたり2便
・夕17時以降のJR比叡山坂本駅発は17:03、17:32、18:07、18:33、19:11、19:39、20:03、20:33、21:03(最終)
・京阪坂本比叡山口方面に行くバスは団地発8時台、14時台、17時台の一日3便
となっています。

尚、土日ダイヤ、日吉台堀場循環バスは多少の時刻変更はありますが本数は変わりません。詳しくは以下のリンク、江若バスホームページをご覧ください。

減便に関するプレスリリース
3月16日からの時刻表
・比叡山坂本駅~日吉台、比叡山坂本駅~日吉大社前~西教寺
・日吉台堀場循環

2024-02-22 | カテゴリー :

浜大津付近の中央線変移区間の交通規制変更について

1月23日より、県道558号線(旧国道161号線)の大津港口交叉点から柳が崎交叉点までの区間の中央線変移の取り扱いが無くなります。

・柳が崎交叉点から尾花川交差点(競艇場前)までは南行1車線、北行2車線
・尾花川交叉点から大津港口交叉点までは南行2車線、北行1車線
終日固定となりますので、車を運転される方は十分ご注意ください。

下図は滋賀県ホームページより転載

2024-01-20 | カテゴリー :

安心/安全:交通安全についてのお願い

2022年1月に日吉台至明こども園前で痛ましい死亡事故がありました。再発防止の観点から、運転者の皆さん、歩行者の皆さんへの注意事項をまとめました。

団地内に多い急勾配の坂道

日吉台小学校前の中央通り(バス道路)は小学校北東の交差点から高橋川手前の横断歩道付近まで高低差約20m、水平距離230m、傾斜角にすると約5度の急勾配となっています。またその南側、高橋川を渡る約25mは横断歩道のある平坦路になっており、事故はこの平坦路部分で発生しました。同様な急勾配路は四丁目バス停付近~日吉台診療所付近等、団地内の他所にも存在します。

急勾配路走行時の注意

急勾配を下る場合、自然に加速して走行速度が上がる危険がある他、同じ速度でも平坦路に較べて制動距離が伸びる事にも注意が必要です。
団地内の制限速度である40km/hの場合でも、雨天などで路面が濡れている場合、上図の様に傾斜角5度の下り勾配では制動距離が平坦路に較べて15%程伸びます。さらに60km/hの場合は同等の下り勾配では停止までに50m近くも走ってしまうことになります。

※ イラストはイメージです。 上記の制動距離はこちらのサイトを使用して計算していますが、実際の制動距離は運転者、車両性能、天候などの諸条件で多少異なります。

下り坂から平坦路に変わる部分は夜間の見通しがきかない

車のヘッドライトはロービームで約40m、ハイビームで約100mの範囲を照らすようになっています。
しかし、上図の様に下り坂から平坦路に移行する部分では、ヘッドライトに頼る夜間には極端に照射範囲が狭まることに注意が必要です。因みに10m程度で停止するためには時速20~25km以下である必要があります。

※ イラストはイメージです。 また10m以下という数値は、高さ1mの位置から傾斜角5度の路面に光束の上端が水平-1度になるように照射されるとして簡易的に計算したものです。 実際の照射距離は緩和勾配ほか諸条件で多少異なります。

車を運転する方にお願い

  • 下り坂では制動距離が伸びる事を念頭に、10~20%スピードを落として運転してください。
  • 特に下り坂から平坦路に移る付近では十分減速してください。
  • 夜間は積極的にハイビームを使用して視界を確保してください。
  • 薄暮時には早めにヘッドライトを点灯し、歩行者からの視認性があがるようにして下さい。

歩行者の方へのお願い

  • 歩行時はなるべく目立つ色合いの服装や反射テープ(100均にもいろいろな色や種類のものがあります)を身につけて下さい。あなたが車にに気付いていても、運転者はあなたに気付いていない可能性があります。
  • 歩道が設置されている場所では、必ず歩道を歩いて下さい。
  • 坂道や坂道の下の平坦路を横断する場合は、運転者が気付いていない、車がなかなか止まれないことを念頭に、慎重に横断してください。