日吉台について

日吉台について

 滋賀県大津市日吉台は、大津市中北部に位置し、比叡山や琵琶湖を望む住宅団地です。

 鉄道でのアクセスはJR湖西線比叡山坂本駅(団地中央部まで徒歩約15分)または京阪石坂線坂本駅(同約20分)で、両駅と団地を結ぶ江若バスも運行されています。バスは平日午前の通勤通学時間帯はJR湖西線の京都方面行きに、午後の通勤通学時間帯は京都方面からの列車にほぼ接続していてます。平日日中は20分に1本のパターンダイヤとなり、3本に1本は京阪電車坂本駅、日吉大社、西教寺方面まで運行されます。 江若バスも少子高齢化や乗務員確保の難しさから、特に休日など利便性が下がっていますが、地域としてもバス利用キャンペーンなどを実施して努力しています。
 車の場合、京都方面からは西大津バイパス下阪本ランプで下りて団地入り口まで2.5km、5分、今津方面からは湖西道路坂本北ICを下りたところが日吉台団地の入り口です。

 団地内には大津市立日吉台小学校があり、大津市で最初のコミュニティスクール実施校となるなど、小規模校ながら豊かな学校生活を送ることが出来る様、地域が強力にバックアップしています。  幼稚園は平成30年度で日吉台幼稚園が廃園となり、現在は通園バスで坂本幼稚園まで通っていただいていますが、学区として幼児教育施設の存続を大津市に要望しており、2021年4月を目指して私立の認定こども園を誘致する計画が予定通り進んでいます。

 行政施設としては団地のほぼ中心部に日吉台市民センター(大津市日吉台支所・公民館)があり、様々な地域の活動が行われています。 大津市では平成30年度に支所統廃合の動きがありましたが、現時点では当面は業務を縮小しながらも行政機能の一部を残すことになっています。

 買い物は団地入口付近にスーパーマーケット平和堂坂本店がある他、さらに駅近くには小規模な食品スーパーサンライズ坂本店があります。 スーパーサンライズでは「とくし丸」と称する移動販売車も運行しており、地域高齢者の方の買い物ニーズにも対応して頂いています。

 団地内は基本的に低層の一戸建てのみで住環境は良好です。 住宅地内も基本的に道路幅員は6mあり、バス通りは幅員10mで両側に歩道があります。 
 一丁目、二丁目は中央を流れる高橋川より南側でJR駅まで徒歩でも15分程度で、買い物や上述の市民センターにも近くなります。 高橋川より北の三丁目、四丁目は駅からやや遠くなりますが、パノラミックなびわ湖の景観を望むことが出来ます。
 団地内には一丁目南・北、二丁目南・北、三丁目東・西、四丁目東・西の8つの自治会があり、それぞれ「住んで良かった」町になるような独自の活動を行っています。

 日吉台は比叡山やびわ湖を望む自然環境に恵まれ、日吉大社や西教寺のある坂本、世界遺産の比叡山といった文化施設も近く、心豊かに暮らせる地域です。